山形高畠町 上和田 藤助

ご挨拶 有機農業 援農活動履歴 晴耕雨読 まほろばの里紹介

高畠町有機農業提携センター 青鬼クラブ

♪♪♪ 青鬼クラブ「ユメノフクラム クラブデス。マズハタカハタニゴザレ、ソシテ、ドウゾ オハイリクダサイ」! ★有機的な人の環を大切にしたい。●まほろばの里は「援農」によるオープンな村☆藁葺きの家、囲炉裏、火のみやぐら、夕暮れ時の畦道、土の香り・・・なつかしい古里○高畠病、お医者さまでも治せない・・・でもご心配無用、まずは門を叩け、相談しよう!・・・まほろばの里・高畠上和田とうすけ です。これからも宜しくお願いします。
まほろば上和田・2017年度

2017年度援農活動

・5月東京農大 ・6月明治学院大 ・7月高畠高校インターンシップ、いのち耕す体験 ・9月立教大フィールドワーク・東京農大OB・慶応大 ・10月大正大

ご無沙汰しております。

高畠の方は今月20日に20センチ近くの積雪があり、りんご収穫作業を一時中断しました。

今年の秋は晴天の日が3日と続かず、米の収穫作業(杭掛けによる自然乾燥)からどんどん遅れ

例年より10日ほど遅れてりんごの収穫となりました。足元に雪を踏みしめながらの収穫は珍しく

楽しいはずの収穫作業は、指先・つま先の冷たさで半減してしまいます。

しかし、一年間かけて育てたりんごをしっかり収穫して皆さんに届けたいと思います。

今年の集大成を楽しみにしてください。

2017.霜月 高橋 稔

_


有機農業にうってつけのお米

【山形95号】

「かぐや姫の詩」命名 2015年debut

山形県では「山形95号」を統一した銘柄名は付けず、
地域などで愛称を付けて流通する方針です。
これを受けて当有機農業提携センターを中心として
「かぐや姫の詩」のブランド名でデビュー。
内規として無農薬栽培・天日乾燥に限定し
平成27年産より販売を開始。

いもち病圃場(ほじょう)抵抗性“強”の良食味品種の育成を目標に、
「山形69号」を母に「奥羽366号(後の「ちゅらひかり」)」を父に品種改良。


冷めてもおいしい山形を代表するブランド米「つや姫」(山形97号)の姉妹品種。
当提携センターでは栽培面積を拡大中のただ今まさに「新米」ニューフェース。


「かぐや姫の詩」についても宜しくお願いします。

<山形県東置賜郡高畠町上和田「藤助」>

りんご ぶどう お米 野菜 きのこ etc お天気  降雨量 link ご連絡・お問合せ先 「たかはた共生プロジェクト」はこちら まほろばの里の原点 ドキュメンタリー映画 「いのち耕す人々」 エコファーマー認定農家 -The authorized ecorogical farmer by MAFF- 有機農業のメッカ 高畠町上和田 藤 助(Tousuke) このホームページは「高畠町有機農業提携センター」事務局が運用しています。 since Sep.2004
〜 提携PR 〜 【kit Oisix(きっと、おいしっくす)】 酵素玄米専用の究極のブレンド雑穀【玄米酵素ブレンド】 野菜洗いの専用水【ベジセーフ】 気配り宅配食を全国へお届けする通販サイト! ウェルネスダイニング
「東北地方太平洋沖地震」(2011.3.11)による被災地の復興と日常の平穏をお祈りいたします。あの時から6年目の春です、これからも助け愛、支え愛の心を持ち続けたい。
[PR]動画