山形高畠町 上和田 藤助

ご挨拶 有機農業 援農活動履歴 晴耕雨読 まほろばの里紹介

高畠町有機農業提携センター 青鬼クラブ

♪♪♪ 青鬼クラブ「ユメノフクラム クラブデス。マズハタカハタニゴザレ、ソシテ、ドウゾ オハイリクダサイ」! ★有機的な人の環を大切にしたい。●まほろばの里は「援農」によるオープンな村☆藁葺きの家、囲炉裏、火のみやぐら、夕暮れ時の畦道、土の香り・・・なつかしい古里○高畠病、お医者さまでも治せない・・・でもご心配無用、まずは門を叩け、相談しよう!・・・まほろばの里・高畠上和田とうすけ です。これからも宜しくお願いします。
まほろば上和田・2018年度

高畠の方は雨が降らず空梅雨で畑はカラカラ状態でしたが、

数日前からやっと雨が降り農作物は生き返った感じです。

雨が降らない分、農作業は順調に進んでいましたが、

天からの恵みがないと農作物は勢いよく育ちません。

高畠は連日35度超えの日が続いていたので、

体力的にも本当にいい雨でした。

7月に入り消費者グループによる田んぼの除草、

毎年恒例の高畠高校生の「いのち耕す体験」

の受け入れがありました。

いつもは家族3人で作業をしていますが、時折戦力が加わると、

刺激にもなり大変助かります。

今はりんごの袋かけ作業がメインですが、

田んぼ・畑の除草等をはさみながら、

豊穣の秋を目指し頑張りたいと思います。

p.s 天からの恵みもときに脅威となります。

記録的な大雨被害がでています。ご無事を祈念します。

2018.文月 高橋 稔


有機農業にうってつけのお米

【山形95号】

「かぐや姫の詩」命名 2015年debut

山形県では「山形95号」を統一した銘柄名は付けず、
地域などで愛称を付けて流通する方針です。
これを受けて当有機農業提携センターを中心として
「かぐや姫の詩」のブランド名でデビュー。
内規として無農薬栽培・天日乾燥に限定し
平成27年産より販売を開始。

いもち病圃場(ほじょう)抵抗性“強”の良食味品種の育成を目標に、
「山形69号」を母に「奥羽366号(後の「ちゅらひかり」)」を父に品種改良。

冷めてもおいしい山形を代表するブランド米「つや姫」(山形97号)の姉妹品種。
当提携センターでは栽培面積を拡大中のただ今まさに「新米」ニューフェース。


「かぐや姫の詩」についても宜しくお願いします。

<山形県東置賜郡高畠町上和田「藤助」>

りんご ぶどう お米 野菜 きのこ etc お天気  降雨量 link ご連絡・お問合せ先 「たかはた共生プロジェクト」はこちら まほろばの里の原点 ドキュメンタリー映画 「いのち耕す人々」 エコファーマー認定農家 -The authorized ecorogical farmer by MAFF- 有機農業のメッカ 高畠町上和田 藤 助(Tousuke) このホームページは「高畠町有機農業提携センター」事務局が運用しています。 since Sep.2004
「東北地方太平洋沖地震」(2011.3.11)による被災地の復興と日常の平穏をお祈りいたします。あの時から7年目の春です、これからも助け愛、支え愛の心を持ち続けたい。
[PR]動画