ぶどう園

葡萄の種類:デラウェラ、キャンベ・ルアーリー、ナイアガラ

低農薬な安心葡萄です。

「藤稔」(ふじみのり)などの大粒系も開始


写真準備中(花、房、ぶどう)

1、2、3月「棚の雪降ろし」から始まり、

4月「棚しめ、そうじ、整枝、粗皮削り、防除」

5月上旬「ハウス作り、芽かき、虫とり」

6月上旬「第1回ジベ処理(種を無くす)、草刈り」

6月中旬「青つる整枝、防除」(花の開花)

6月下旬「第2回ジベ処理」(果粒肥大)

7月上旬「防雨対策、草刈り、虫取り」

8月中旬「種無ぶどうの収穫」

9月中旬「早種有ぶどうの収穫、防除」

10月「元肥」

11月「剪定作業、棚そうじ」

12月「雪降ろし」

通常の栽培方法に比べ、農薬散布回数、量ともに、

5分の1程度です。


_

2018年(平成30年)秋から後継者・隆浩担当の大粒系ぶどうの出荷開始

当地和田地区はデラウェアの産地ですが、大粒系は、後継の長男・隆浩が 就農してからハウスをつくり(平成26年)、新たに始めました。 隆浩の専門は山形県立農林大学校果樹経営学科卒(新庄)で果樹を専攻。 何十種類もある中から次の3品種を作りやすさや収穫時期、 また色どりも考慮して選びました。 ・「藤稔」(ふじみのり)は黒系 巨峰よりも糖度が高く、味も良いぶどう ・「クイーンニーナ」は赤系  他を圧倒する甘みを感じ、ルビーのように見た目も美しいぶどう ・「シャインマスカット」は緑系  皮ごと食べる事ができ、貯蔵性にも優れ糖度も高いぶどう 特に「藤稔」は我が家の屋号でもあり家紋の「藤」と私の名前の「稔」に ぴったりの品種です。 隆浩が剪定から摘房、ジベレリン処理、摘粒と情報を取集し、 勉強をしながら取り組んでいます。 A:1房入箱 (1,800円)  B:2房入箱 (3,000円)  C:ミックスカット入れ(1,300円)   〜 9月中旬頃より出荷 〜 ※一か所に複数注文いただいた場合、送料を値引きいたします。 山形高畠町上和田 藤助


[PR]動画